ちりも積もらせ資産運用

ちりも積もらせ資産運用

株やポイ活などの資産運用で地道に収益をあげ,将来のセカンドライフ(またはセミリタイア)に対応できる資産形成を夢見て生きる四十雀夫婦の物語です。また、皆様のお役に立つ話も書く予定です。

FIREに多少憧れを抱いています(雑日記・令和3年5月)

 こんにちは、四十雀です。

 さて、最近よく「FIRE」という言葉をネットニュースで目にするようになりました。

f:id:sizyuukara-1979:20210409061051j:plain


 当初は意味が分かりませんでしたが、調べてみると「Financial Independence Retire Early」とのこと。平たく言えば早期リタイアですね。

 ・・・しかし、最近の日本、どこぞの知事やら国会議員やらもそうですが、やたら横文字を使う傾向がありますね、あれって正直意味が通りにくいからやめてもらいたいものです。

 おっと、話が少し逸れてしまいました、今回のメインテーマはFIREについて。
 FIRE自体は上記のとおり早期リタイアですが、その骨子は運用益で生活をする・・・というものだそう。

f:id:sizyuukara-1979:20210409061429p:plain


 確かに、株や不動産等を活用し、不労所得から運用益を上げて悠々自適の生活をする・・・それって多少憧れを抱く生活だなぁ・・・と感じます。

news.yahoo.co.jp


 ただ、仮にFIREを実現した場合、上記掲載の記事のとおり、色々心配事がありそう。

 私自身は人間関係が希薄なタイプなので、仮にFIREしたとしても気にならない(むしろ、新しい人間関係を構築できるのなら構築したい。)と考えていますが、それよりも気になるのがやはり世間体ですね。

f:id:sizyuukara-1979:20210409061803p:plain


 特に、令和3年4月現在、新居を建てている地区は都市郊外ですが、どちらかというとまだまだ田舎臭がある場所で、マンガではありませんが、ご近所の生活形態とかが話題になるような土地柄なんですよね・・・そんな所に住んでいてFIREをした場合、すごく生きづらそう(FIRE=暇=雑用をやらされそう。)なイメージがあります・・・。

f:id:sizyuukara-1979:20210409062501p:plain


 そういう意味では、FIREしてどこに住むか、というのも案外大事そう。
 田舎は物価等が安い分、まだまだ人間関係が濃密ですから、少し息苦しく感じるかもしれません。

 また、田舎に住むのならば、世間を欺くため、何かしら在宅ワークでもしている・・・という、ちょっとダミーまたは本当の仕事の準備もした方が良いのかも知れません。

 それにしてもFIRE・・・やはり憧れてしまいます。
 まぁ、今年から住宅ローンんを組んでしまった私には、余程のことがなければ縁遠い話ですが・・・。