ちりも積もらせ資産運用

ちりも積もらせ資産運用

株やポイ活などの資産運用で地道に収益をあげ,将来のセカンドライフ(またはセミリタイア)に対応できる資産形成を夢見て生きる四十雀夫婦の物語です。また、皆様のお役に立つ話も書く予定です。

早期退職を考えられる方がうらやましい(雑日記・令和3年6月)

 こんにちは、四十雀です。

 さて、今日も早期リタイアを目指しつつ、具体的なその方策も見つからずに社畜生活をしております私、今回はこんな記事を見つけました。

www.msn.com
 
 45歳独身で持家有の年収650万円・貯蓄5000万円の方が早期退職して旅行が楽しめるか、だそう。なんとも羨ましい話ですよね、しかもこの方、両親の財産が1億円あるとか。

f:id:sizyuukara-1979:20210624044515p:plain


 まぁ、それだけの資産があれば早期退職して生活できるのでしょうが、でも、早期退職をしたらしたで、心配事はたくさん出てきそうな気がします。

 例えば、持家があるのであれば、数年後にあるであろうリフォームに関する費用であったり、この記事の方、岡山県に住んでいるそうですが、地方都市には大抵車社会なので、その車の維持費関係だのなんだのが考えられるかと思います。

f:id:sizyuukara-1979:20210624044946p:plain


 そして、そもそもこの記事の方の「毎月の支出」を見ると、住居費・食費・水道光熱費・保険料が全て0なんですよね。
 これはつまり、現在ご両親と同居で、かつ、それら費用はご両親負担・・・なのかな。
 もしそうだとしたら、ご両親が他界した後大変そうな気も・・・個人的には、この方はご両親が他界するまで早期退職なんてしないでいて、ご両親がいない生活に慣れてやっていけそうなら早期退職をした方が良い気がしますが・・・。

f:id:sizyuukara-1979:20210624045147p:plain


 甘美な響きのある早期退職ですが、やはり、先行きをきちんと考えてからしたいもの。
 特に、この記事を読んでみると、そもそも早期退職するなら、その前提として、きちんと経済的独立を果たしていないとダメな気がしました(一応、我が家は経済的独立は果たせてはいますが・・・。)。

 この記事の方も、ご両親と同居していて、身の回りのことをあれこれやってもらえているからこそ、早期退職をして旅行を楽しみたい・・・なんてのんきなことを考えているようにも思われます。

 一度決断して賽を投げてしまうともはや後戻りはできません。
 後悔せずに決断できるようにしたいところですが・・・多分私には無理(そこまでの資産を持てないがため)かな、と諦めかけている今日この頃です。